Mac Pro Mid 2010 USB3+eSATAカード入れ替え

CPU交換を終わったMac Proですが、以前からちょっと気になっていたディスク周りを変更して見ました。 今まではCalDigit FASTA-6GU3 PlusというUSB3.1とeSATA 6Gbpsが同時に使えるカードを入れて、データ持ち運び用ポータブルディスクをUSB3で運用したり、スタジオに持ち込むポータブル起動ディスクをeSATAとUSB3どちらでも使えるように…としてました。これらはUSBなら5Gbps、eSATAなら6Gbpsで動いていてそれなりに快適です。 ですが自分のMac Pro内蔵のSSD起動ディスクはこのマックのオリジナルのSATAバスに接続してSATA2(3Gbps)で動いていたのがちょっと残念でした。明らかに外付けeSATAのSSDディスクからOS起動したほうが速いのです。 ところでCalDigitのこのカードの前の世代にFASTA-6GU3 Proというカードがありましたが、これには内部SATA3ポートが2つありました。ProとPlusの違いは… Pro(前世代) USB3.0 x2 eSATA 6Gbps x2 SATA 6Gbps x2 Plus(最新世代) USB3.1 x2 eSATA 6Gbps x2 というようになっています。 今の自分の仕事の仕方を考えると、USB3.1(10Gbps)は特に有用ではなく、USB3.0で十分な実用性があり、また内部SATA 6Gbpsが使える方が圧倒的に良いため、あえて…

続きを読む

Winでも

先月の記事のマスターのプレイバック、 Winでもプレイバック出来るようにしました。 今日丁度納品するものがあったのでやりました。 やっぱりラクです。 ところで、DSD聞けるようにしました。 予算の中でできるだけ行けるところまで行きたいので 現在DSD256までいけるようにしてます。 それにしてもここのところ急速に ハイレゾハイレゾ…な世の中になってきてます。 KORGさん(と競うようにTASCAMさんも)が 僕らのところまで手の届くDSDの技術進歩を実感させてくれるのは いつになるか…期待したいところです。

続きを読む

いろいろ整理中

仕事が落ち着きました。 来月は体力勝負となりそう。 そして年末年始は無休で仕事のもようです。 なので、今のうちに バックアップ等いろいろ整理してます。 PTのMacProをちょっと仕様変更しました。 今まで使っていたCalDigitの USB3.0・eSATAコンボPCIeカードを MatheyのUSB3.0カードに変更しました。 今まで使っていたカードはどれもそうだったんですが、 Appleの純正ドライバでは動かないため 専用のドライバをインストールして使っていましたが、 それが故、USB3.0では ほぼハードディスクでしか使えなかったのが欠点でした。 しかし、今回のMatheyのカードは OS10.8.2以降ならAppleの純正ドライバで動きます。 これにより、ハードディスク以外でも USB3.0対応製品ならその恩恵に預かれます。 これを利用して、USB3.0のDisplayLink製品で トリプルディスプレイを構築しました。 DisplayLink経由でも動画が快適に表示できるので ライブのミックスやサウンドトラック仕事で非常に便利です。 もちろん、ハードディスクへの転送速度も速いので バックアップも快適。 昨今はUSBしかないハードディスクも多いので、 PC側がUSB3.0対応じゃないと不便。 でも今度出るMacProは内部拡張がかなり乏しいので 自分たちみたいな仕事形式の人間には不便かも。 USB3.0も…

続きを読む

MacPro再び。

結局MacProに…2.4GHz 8Core。 そう、2010年モデルMC561J/Aです。 ビックカメラ.comで。 その時点で最安で出てました。 (現在は売れ切れたようです。) 現行品のMacPro Quad-Core MD770J/A同じ値段。 アップルの整備品2.4GHz 8Coreよりも約2万安かった。 その2万でメモリをアマゾンで見つけ 4GB×8=32GBにしました。 最初は定番のTranscendあたりにしようと思ってましたが、 今回はKingstonなるメモリメーカーに。 メーカーサイトでパソコンのモデルを入力すると 対応状況がみれて ちゃんとこのMacProに対応しているのと、 保証も永久保証ということでこれにしました。 メモリも安くなりましたね~ これで受け皿の準備はできました。

続きを読む

SSDその後・買い物・下準備

SSDその後… 内臓として使っていたけど 相性的に安定性がイマイチだったSSD。 その後は2.5inch外付けケースに入れて 持ち出し起動ディスクとして使ってます。 これが思いの外良い。 起動も速いし、重量も身軽だし、小さいし。 なので、ひとつにはPT9をインストール、 もうひとつにはPT10をインストールして 両方持ち歩いてます。 普通の3.5inch HDDなら重くて嫌になる筈。 ちなみに自分はコレを使ってます。 最近は外スタでもこのSSDのPT10で仕事してます。 今のところは録音(O/D以降)もミックスも快適。 注意しているのはFireWireのポート。 リアならどのマックでも今のところ大丈夫そう。 初代MacProはフロントのFireWireポートだと 再起動などに失敗したりするので 使わないようにしている。 動作的に唯一イマイチなのは、Melodyneで、 外付けSSDに限らず外付けHDDでも同様なのだけど、 Melodyneだけは外付け起動ディスクで作業すると、 プラグインウインドウを開くのに とても時間がかかる点が残念。 買い物&下準備… HDXを買う準備はほぼできていて、 あとは購入するだけになった。 そんなこともあって、 今年は久しぶりにプラグインを買い込んでいる。 すごく安いところを見つけたこともあり、 また、時期的にセールの時期ということもあって… なんだかプラ…

続きを読む

SSDやめました

タイトルのとおりですが、 初代MacProにSSDを使うのをやめました。 何が問題かというと、 起動してしまえば速さも速いし問題ないのですが、 その起動に問題がありました。 特に複数の起動ディスクを切り替えて使うときに 正しく起動できないことが厳しく、 特にSSDを起動用に2台使っていると 切り替えがうまくいかないことがかなり多くありました。 その後SSDを1台だけにしてしばらく使ってみましたが、 それでも起動ディスクを切り替えるときに問題があり、 結局全て以前のハードディスクに戻しました。 起動に失敗すると ディスクユーティリティーでSSDを修復する必要があり、 それに時間をとられていると 結局のところSSDを導入した意味が無い…というのが ハードディスクに戻した大きな理由です。 遅いマシンに最新の速いデバイスを入れても バランスが取れない…このへんは ブルーレイドライブを内蔵させた時と同じかも知れません。 そのうち外付けケースを買ってきて、 持ち出し用のSSD起動ディスクを作り、 その安定度を検証してみようと思います。 安定度があれば、 外スタジオでの持ち込み起動ディスクとして使おうと思います。

続きを読む

SSDを使い始めた

アルバムがひとつ終わり、 次にやってくるアルバム後半戦の録音の前に 順番的にはその先の納品になるはずの 長時間ものの仕事を触り始めた。 いつものようにまずザックリと音色をつくるため、 アウトボードで処理する分から手を付け… 例によって実時間かかるのでその間ブログを書く。 最近、このパターンが多い気が。 さて、テーマはSSD。 絶対的な速さで利便性はあるものの、 寿命が短いなどの噂で躊躇していたが、 それがデータディスクならともかく、 起動ディスクならどうも実用上は問題無いらしく、 ならば…とちょっと前から試験的に 起動ディスクのひとつ…PT9側に導入。 とはいえ、初代MacProなので 内部バス的にはスピードが速くないため 爆発的には速くないもののやはり快適。 何が速いって、まず感じたのが、 フリーズしてから落ちるのが速い! PTでレインボーカーソルが出て落ちる時の 反応が速いんだ。 で、当然のように再起動が速い。 普段使っている最中の速さはそんなに感じないが、 たまにハードディスク側…PT10で起動して使うと 全体的なレスポンスに差を感じる。 あと、良い点としては、発熱と音。 発熱は絶対的に差がある。 内蔵HDDが4つのため、 1つ変えても差があるので2つをSSDにすると だいぶ差が出るはず。 3.5inchでキチキチだった内部空間も 2.5inchのSSDにするとだいぶ隙間が出来る。 隣のPT C…

続きを読む

Mac Pro MA356J/Aの光学ドライブをBlu-rayドライブに換装・外付けUSBに変更

先日の記事、 Mac Pro MA356J/Aの光学ドライブをBlu-rayドライブに換装 ですが… あの時点で事前にネットで色々調べたところ、 自分では試してない方法ではありますが、 空きSATAポート接続(CPUファン下に5,6番ポートがあるそうです)だと、 長時間使っていると認識しなくなるそうなので、 安定性があるというSATAをIDEに変換しての接続を試みたものの、 残念ながら自分のところでは安定しません。 具体的には、 動作を受け付けなくなるとかフリーズは無いものの、 ブルーレイが等倍でしか書けないケースがたまにあり… こうなると、50GB焼くのに何時間かかるかわからないので 途中で中止して捨ててしまい、新たに焼きなおすことに。 10枚使って3枚そういうケースに出くわしたので、 これは時間とお金の無駄だということで、 結局SATAをUSBに変換するケースに納めて使うことに。 ラトックのRS-EC5-U3 USB3.0 5インチドライブケース http://www.ratocsystems.com/products/subpage/ec5u3.html で使い始めました。 MacProなのでUSB3.0は使えませんが、 将来はかならず3.0で使うことになるのでコイツにしました。 コイツにしてから以降は、全く問題ありません。 速度も内蔵している時よりもちょっと速いです。 FireWireのブルーレイドライブがほとんど…

続きを読む

Mac Pro MA356J/Aの光学ドライブをBlu-rayドライブに換装

備忘録です。 初代Mac Pro MA356J/Aの光学ドライブを Blu-rayドライブに換装する工程のメモです。 今回は秋葉館のセットでなく、 各パーツを自分で用意しました。 用意するもの Blu-rayドライブ(今回はBDR-206BK/WS) MA356J/Aの光学ドライブはIDE接続なので SATA IDEインターフェース変換アダプタ (今回はセンチュリーSATA活かしてIDE) 自分のように ドライブベイに光学ドライブを二台入れる時に 片方をSATAドライブ (にして変換インターフェースを使う)にすると マスター・スレーブでコネクタの左右位置がずれて そのままではケーブルの マスター・スレーブ間の長さが足らなくなるため IDE延長ケーブルが必要 (今回はainexの延長ケーブル) 今回は光学ドライブベイアッパー側の 純正ドライブを取り外して そこに新たにBDR-206BKを納め、 以前ロア側に収めたDVR-115BKはそのまま使用します。 まずは光学ドライブベイを取り出します。 ケーブルを外してケースを取り出し、 アッパー側の側面ドライブ固定ネジを外します。 アッパー側純正ドライブを外します。 BDR-206のフロントベゼルを外します。 トレイを戻しケースにドライブを収めネジ止めし、 SATA/IDE変換アダプタを装着します。 BDR-206はアッパー側に…

続きを読む

LAN・Wi-Fi・Mac・Windows

更に、LAN環境も古くなったので再構築。 ルーターも新しくしWi-Fi内蔵のものに。 有線LANのほうは 今までのハブのポート数も足りないので これも買い替え。 ケーブルも規格が古いので全て買い換え。 今回はCat6にしたが、Cat7なんて出てるんだ。 それにしてもココ数年で LANは有線・無線含め随分と快適になったもんだ。 特に無線はすごい。相当変わった。 実行スピードが速い。 プリンタは今の機種はネットワークプリント出来るし、 昔のレーザープリンタも NASの付随機能のプリントサーバー使えば 簡単にネットワークプリントできる。 仕事でMacProのProToolsでバウンスし、 CD-RやDVD-R焼きつつ、 MacBookProのほうでデータをサーバにアップ・公開したり 無線LAN経由でレーベルのプリントアウト。 もちろん一台でもできるけど、 二台あるとさらに効率よく作業できる。 カミサンはもう一台のMacProでWindows7を動かしはじめた。 無問題。すこぶる快適。 で、今度は自分のMacProにも Windows7を入れようと思っている。 今までは経理作業をカミさんのWindowsでやっていたので どうしても使う時間が被ることがあったが、 こちらのMacProにWindowsを入れて 経理ソフトを入れておけば、 使用時間が被ることは無い。 ProTools用のMacProにいれても …

続きを読む

それと

前のインクジェットは顔料タイプ。 水ぬれに強かったのは良かったんだけど、 その弊害か、ノズルの目詰まりも多く… ついにクリーニングしても復活せず。 おまけに追い打ちをかけるように スキャナーが。 Win7でウチのスキャナードライバーも ディスコンになったらしい。 まだMacのほうのドライバーは出てるのにね。 で、仕方なくMacPro買ったついでに 複合機のコイツを。 無線LANも使えるので便利。

続きを読む