Liquid Mix HD 1.3b1をPT9.0.1 on OSX10.6.5で動かす

昨年買ったLiquid Mix HD、 せっかくいいプラグインなのに… 現在の最新版のv1.2では、 今のところOSX10.6では動かなく、 - - - - - - - - - - いや、正確に言うと同一セッション内で StereoとMonoプラグインの共存が出来ない - - - - - - - - - - しかもアップデータがずっと出ないことに ガッカリしている方もいらっしゃるでしょう。 当方もそのひとりで。 実はfocusriteのサイト内には ベータ版のサイトがある。 気になる人は“focusrite beta”で検索… そこもチェックしていたのですが、 昨年末近くまでOS10.6対応のベータ版が出る気配は無く、 なんだかんだ仕事も忙しく、 ベータサイトをチェックすることも忘れ… ところが今日たまたまチェックしたら いつの間にか昨年末くらいにベータ版が出てる。 これは!!、と早速インストール。 早速インストールでつまずく。 単純にアップデートインストールだと バージョン表記だけは変わるが今までと変わらないかも。 プラグインファイルの日付表記も変わらずおかしい。 どうもプラグインパッケージ内部に 旧1.2のリソースが残って 正しくアップデート出来て無いようだ。 旧バージョンのプラグインを捨てて インストールするとプラグインファイルの日付も正しく バージョンはもちろん1.3b1になる。 …

続きを読む

Liquid Mix HD・バグまとめ

実はたしか1年以上くらい前から 目をつけていたプラグイン。 自分のサイトの『自己中心的注目製品』に 名前を載せていたので、 知っている方もいるかも知れない。 (今は購入してしまったので削除してます) 良いとはわかっていたものの、 ずっと何だか踏ん切りがつかなかったんだけど、 円高なのに加えて、sweetwaterというサイトで ものすごい割引きをやっていたので購入した。 エミュレーションの正確さはどうか置いといて、 『そういう音』がする。音が良いです。 TDMに限ってしまえば、 エミュレーションの種類と共に、 他に代用するものがないかも。 ただ、使い込んでいってバグがチラホラ見えてきた。 最初はハイブリッドEQ機能。 あるEQエミュレーションの空いているバンドに 他のEQエミュレーションを読み込めるのだが、 セッションを開き直すとどうもそれが正しく再現されない。 空いているハイパスフィルターセクションに 別のシェルビングEQを読み込んで使ったのだが、 セッションを開きなおしたら音だけハイパスフィルターに戻っていた。 スカスカな音に。 ハイブリッドEQは使わないことにした。 もう一個プラグインをインサートすればイイだけだ。 次はコンプレッサー部のメイクアップゲイン。 プラグインをマスターバイパス状態でセッションを開くと、 コンプ部のメイクアップゲインだけ正しく再現されない。 セッションスター…

続きを読む

フリーズは…

ReVibeでは無かった。 うちの環境では、 普段は大丈夫だけど イザという時に何故か問題が出ちゃう McDSPのプラグインだった。 一番確実な再現性があるのは、 DSPシャッフリングが起こると AC2が原因でフリーズすること。 FBもAccel Coreの三番目のチップに載らない不具合があるので、 なんとなくEQ3に差し替えてみたりしたのだが、 純正プラグインもいいもんだ。 変に鈍ったりしないで 回しただけ上がる・下がる。 インターフェースは自分には使いにくいんだけど…

続きを読む

7.4.2、その後

その後、PT7.4.2で、 CompressorBankがなんだか… 毎回セッションオープン時、 マスターフェーダーにインサートのCB1だけが 『システムリソースがたりません』といわれて イナクティブになる。 全然DSPリソースは余裕アリアリ。 オープンした後に手動でアクティブには出来る。 だから、まぁいいか…と放置中(笑)

続きを読む

DUY Valve

今まではまったく問題なかったので 気づかなかったが、 こんなタイミングで見つけてしまった。 DUY Valveがコアカードの3番目のチップにアサインされると インサートが出来ずにDAE Error #4が出て セッションから音が出なくなる。 それがわかるまでは セッションによっては一個もインサート出来なかったり、 かと思えば別のセッションでは問題なくインサート出来たり… 考えてみるとこの不具合を知るまでは たまたま問題が出ないような順番で プラグインのインサートが実行されていただけだったのだ。 原因究明まで半日以上無駄に。 おまけに検証用に10.5.1のシステムまで作ってしまった。 この不具合ってIntel Mac版だけなのかな…

続きを読む

バグ追加

・CoreAudio問題は QuickTime7.3や7.3.1に問題があるのか? MacProだけでなく他でもおきているようだ。 ・BREVERB 1.1.1を使用していると 2Mix全体が歪んだようになる事がある。 インストゥルメントトラックにインサートで使用していたので、 書き出してしまってBREVERBを使用しないと その後は歪む症状は出なくなった。 ・Toast8.0.3を PT7.4cs2を立ち上げたままでライティング終了直後 いつの間にかカーネルパニックがおきることがあった。 殆どのケースでは大丈夫だが。 ---------------------- いろいろ仕事で酷使してみて…MacProでPT7.4そこそこ好調。 カーネルパニック2回ほど。アラート無しの強制終了も2回ほど。 しかしいずれも問題のあるプラグインなどが原因のよう。 OS9時代から今まででは 総合安定度は今までのG4Dual+7.3.1cs5が一番良かった。 とにかく落ちない・落ちない・落ちない… しかしMacPro、 スタジオなどの一部のG5と比べると圧倒的にいい感触。 INTEL化して最初のモデルにしては悪くないのでは? クロスグレードのタイミング的に仕方なかったのだが 3.2GHzを筆頭に全モデルで8コアの新型の噂が出て来たのが いずれ…とわかってはいたけど悔しいところ。 PenrynのSSE4搭載とL2キャッシュ拡大。 スタンダード…

続きを読む

バグ各種

・MacPro+PT7.4cs2では フェーダーオートメーションを含むセッションをロードすると ブレークポイントの存在する地点まで来ないと ヌル方向表示がされるのみでフェーダー自体が正しい位置に移動しない。 ・MacProでPT7.4cs2に付属のCore Audioドライバは QuickTimeプレーヤーでファイルを再生しようとすると 音が出ない事がある。 何やらいろいろ調べているうちに音が出るようになる。 何故か毎回そうだ。 ・どうやらMac Pro+PT7.4cs2+AutoTune 5.08で ピッチエディット中にスコッと落ちるバグがあるみたい。 一日に1~2回くらい。 AutoTuneでエディットしてないと落ちないので Auto Tune側の問題か? ・上記のAutoTuneが原因と思われる強制終了が起こると AutoTuneのピッチエディットデータが壊れる・無くなる事がある。 マメにセッションを別名保存していないと痛い目にあう。 ・BREVERB 1.1.1は バウンス時にリバーブ音が出ない。 今回はインサートで使用。センドリターンでは使ってない。 ドライ音は出てるので単純にウエットが吐き出されないようだ。 ・BREVERB 1.1.1の プラグインウインドーが振動するように動くグラフィックバグがある。 ・まだちゃんと検証してないけど、 やはりPT7.4でも遅延補正に問題を抱えたままかも…

続きを読む

バグの為?慎重なミックス

とりあえず長かったシリーズが昨日で終了。 年越しもまったく休みなしで スタジオ・自宅・インターネットを最大活用した ある意味今風な仕事だった。 悩んだこと…この期に及んでまたプラグインのバグを発見。 一度SaveしてCloseしたセッションの SONY EQのFilterの設定がリセットされてしまうバグ。 具体的には、Mix Windowの一番左のチャンネルの EQのFilter設定がリセットされてしまう。 たまーに一番左でないこともあった気がするが、 殆どは一番左のチャンネルだった。 最新バージョンでもおきる…というか、 オーサライズの関係で最新バージョンでしか確認出来ない。 仕方ないので、必ずコメント欄にFilterの設定をメモ。 または再度セッションを開く時は、 ファインダーでセッションを別名コピーしてから開き、 元のセッションからFilter設定をインポート。 毎回毎回慎重にチェックしながらやってた。 さて、やることが貯まってます。 こなしていかないと…。

続きを読む

AutoTuneの

AutoTune4をAudio Suiteで使用すると、 システムが落ちるという症状が、 デジのユーザーカンファレンスでも見つけられた。 その人はG5/1.8G dualだ。 やはり問題があるようだ。 通常のTDMとしてなら問題ないので…気をつけましょう。 今日は麻布のスタジオだった。 ここはMさんがチーフをやっている。 搬入しているとひさしぶりにお会いした。 今でもナイス!笑顔です。 Mさんにはまだアシスタントだった頃、 よくつかせてもらった。 80年代最後から90年代はじめだったかな。 いろいろと憧れて参考・勉強させていただいた。 いまも流石の一言です。

続きを読む

バグ

最近(といってもここ1年くらい)よく使う Pluginのひとつに、WavesのRenaissance Voxがある。 去年PTにAccelカードを追加した直後、 Renaissance Voxをいっぱいインサートすると、 マックの処理が極端に遅くなる事があった。 すっかりその事を忘れていたが、 今日の作業中に久々に遭遇。 気になったので、試してみると、 18個まではインサートしても大丈夫。 19個目にその症状が出る。 Accelのチップでいうと2個までは大丈夫そう。 それを越えると駄目なのかも。 でもそのセッションではどうしても使うので、 Waves Shellをバージョンダウンし4.0.1Xで使い、 Accelカードにアサインしないようにすると大丈夫。 まあ、とりあえずいいか…

続きを読む