5月

ギリギリで5月になってしまいました。 ちょっと締め切りに追われています。 相変わらずPT11で録音してて いままで結構調子良かったんですが、 久々に今日のダビングの時に 例の遅延補正の変な症状が出てしまいました。 過去の時と同じく、 RecReadyを一度切って入れ直せば 症状は消えるのですが、 過去の例ではそのまま使っても多分また症状が出るので 起動ディスクを切り替えてその後はPT10で録音しました。 結局ダメなようですね… うーん、残念。PT11って結局ちゃんと録音できないのね。 もうPT12が出てるんですけど…

続きを読む

2ヶ月再び

再び二ヶ月あいてしまいました。 忙殺の二ヶ月でした。 まだ全部は終わってませんが、 終わってもこの後もうしばし別の締め切りに追われます。 ところで、ProTools11、 自分のところはなんにも進んでません。 11.1.3に戻ったきり。 しかも使うのはEdit~Mixのみ 録音はもっぱら10.3.x どこに行っても同じ使い分け。 PT11は11.2.xになっても録音は駄目。 録音時の遅延補正が使い物になりません。 インプットモニタリングに問題を抱えています。 正確にいうと自分は11.2.1では録音してませんが、 巷の意見ではやはり駄目だそうで。 Avidさん、いくらなんでもコレはないでしょう。 まぁ、ミックスで11.1.3が活躍しているだけでも 自分にとってはUPG代を払っただけの価値はありますが、 でもその価値は価格の半分強。 他にも、セッションにビデオトラックを絡めると やはり問題あります。 次のアップデートはいつでしょうね? その時にPT11は使い物になっているのか? 今のAvidの体制ではどうなんでしょうね。危惧してます。 完全に治る前にPT12…なんて流れだけはかんべんして欲しいです。 近日別の記事を書こうと思いますが、 そっちはまともなふつうの記事を書きます。

続きを読む

年内は…

年内のスタジオ作業は終わりました。 あとは宿題・複数アリです。 〆切のある方からの作業になってしまいますが、 頑張ります。 来年はいい年になりますように。 そういえば、昨日のスタジオに行く直前、 自宅の起動ディスクが飛びました。 複数の起動ディスクのうち、 メインで使っている方。 ディスクユーティリティーで、 ファイルはすぐに復旧したものの、 ブート領域がダメなのか? 結局そこから起動は出来なく…仕方なく、 スタジオから帰って来てからじっくり復旧作業。 もったいない時間のロスでした。 その時間で一曲エディット出来たはず。

続きを読む

Coreカード問題解決

長い間かかったが、 PCIe Accel Coreカードの3番目のチップに McDSPプラグインが載らない問題が解決した。 結果としてはCoreカードのハード的問題。 Avidからお借りした代替えカードで症状が消えた。 DUYに関しても同様に症状が消えたため、 自分のAccel Coreの3番目のチップには なんらかの問題があったようだ。 原因がハードと特定しづらかったのは、 デジテストにはなんら問題が出無かったため。 しかも特定のメーカープラグインにしか症状が出ないため、 なんともいえない状態だった。 この件、Avidのサポートには大変お世話になりました。 忍耐強くサポートしていただき、感謝しています。

続きを読む

アビッド・サポート・コード

アビッドオーディオ製品(旧デジデザイン)の サポート体制が2010年11月1日から変わるそうです。 簡単にいうと、 有効期限付きの有償サポートに移行です。 詳しくはこちらをどうぞ… http://app.info.avid.com/e/es.aspx?s=774&e=429718&elq=e8dda78f7b0b41b6ae9e291578b9d5dd

続きを読む

PT8.1

使い始めました。 早くもcs1が出たので、 いきなりcs1からのスタート。 Snow Leopardのせいかのか、 それともPT8.1のせいかのか、 自分のシステムでは あきらかに10.5.7+PT8.0.4の頃よりも 安定度がある感じ。 以前は結局治らなかった、 ワークスペースのプレビューも まったく問題なくなったようだ。 ただ、PCIeにクロスグレードしてからの問題… http://qta-rec.at.webry.info/200902/article_9.html は、やはり治る気配なし。 結局、ソフトではなく、うちのAccel Coreの問題か。 コレに関してはデジからもまったくリアクションなし。 そして、もうひとつ気になるのは、 RTASの遅延補正が正しくないような… インサートのAスロットにRTASをインサートすると、 遅延補正ウインドーの遅延補正値が増えない。 しかし、AスロットにTDMプラグインを挟んで BスロットにRTASプラグインを入れると、 遅延補正値は正しく増えるようだ。 この症状、いつから出ているのか… 気がついたのはPT8の代になってからな気がするが。 海外のPTのブログでも同じ症状と思われる記事を見たので 多分自分と同じケースだと思うのだが。 これだと、 どうもまともにRTASが使えないような気がする。 まして、PT8.1からの、 TDMプラグインリソース…

続きを読む

古くからのバグ?

『フェードファイルが見つからない』バグ… むかーしからたまに見かけるバグだが 8.0.3でも今やっているセッションで久しぶりに出てる。 セッション展開時に、 『2つのフェードファイルが見つからない』的なメッセージが出て、 『検索せずにフェードファイルを生成』を選ぶんだけど、 作業が終わって・または再起動のためセーブして、 再び同じセッションを開くと、 同じメッセージが出る。何度やっても一緒。 まぁ、また同じことすればいいだけなので、 気にせず使ってますが… 以前よくあったオーディオファイルが見つからないバグよりはマシ。

続きを読む

やっと

スケジュールが落ち着いてきました。 そんな今までの忙しい時に限って、 よく行く某事務所も故障に見まわれ… 年月的にそういう時期に来ているということですが。 前回のX-MONに続いて、 192I/Oから原因不明のスパイクノイズ。 二台の全アウトプットから同時に出て、 インプットにも乗るため、 最初はクロック周りのトラブルかと思ったが違う。 最終的に二台目の192I/Oだけで運用すると スパイクノイズは出ない。 で、一台目の故障ということで デジから交換修理品を待って入れ替え。 しかし交換直後からまたスパイクノイズ発生。 一日半の間、二台目だけで運用して大丈夫だったのがまた不思議。 こうなるとデジリンクも関係ないみたいだし さぁ困った…とデジと相談。 すると拡張シャシーをチェックと… ホントはシャシーのどこが悪いのかのポイントを絞って清掃し、 ダメなら別のポイントを…と原因を特定したかったが、 あまり時間もかけていられないので 拡張シャシーの内部・外部の接点洗浄などをまとめて行い システムに戻してチェックすると スパイクノイズは消えた。 さてこれでホントに治ったのかどうか? コレばっかりは長期運用してみないとわからない。 ここまでの作業をかなり無理な姿勢でやったため、 肩を痛めてしまった。右肩が上がりづらい。 実はその前に腰も痛めていたのだが、 そちらはその時にはほぼ治りかけていた。 さいわい腰は大…

続きを読む

故障

某事務所スタジオにてミックス。 以前、電源ディストリビューターのリレーが チャタリングを起こして、 瞬間停電状態のようになり引き起こされたのが原因だった、 X-MONとD-Commandの通信エラーのようなトラブル。 D-Commandがリセットされてしまうので、 そのままでは仕事にならない。 今回久しぶりに発生。症状としては同じ。 あー、新しいディストリビューターがハズレだったか?と 思ったら、電源を壁コンに直結でも出るじゃん… デジに電話。やはりケーブルとファームウエアを疑えと。 でもたぶん違うなぁ… で、いろいろやってみたら今回はまさにX-MONの故障だった。 そこに到るまで、 ミックスしながら症状出し→症状出たら原因検証の繰り返し。 ラックは場所を動かして斜めにしたまま、 D-Commandはコンソールテーブルからずらしたまま、 液晶モニターは変な位置で、 でも戻すとまた違う場所を検証する時に面倒… 仕方なくそのままミックス続行。 で、やっと原因特定。すぐさまデジとやりとり。 てっきり平和島だと思っていたデジの物流は川崎に引越していた。 そこまでクルマをぶっ飛ばしてもらって、 代替えをピックアップ、わたしゃ散らかったままミックス。 代替機が来たら作業中断。X-MONを入れ替えて またミックス再開…で作業しながら症状再発しないかチェック。 ミックス終わるまで大丈夫だったので、 多分X-MONが原因で間違いないでしょ…

続きを読む

フリーズは…

ReVibeでは無かった。 うちの環境では、 普段は大丈夫だけど イザという時に何故か問題が出ちゃう McDSPのプラグインだった。 一番確実な再現性があるのは、 DSPシャッフリングが起こると AC2が原因でフリーズすること。 FBもAccel Coreの三番目のチップに載らない不具合があるので、 なんとなくEQ3に差し替えてみたりしたのだが、 純正プラグインもいいもんだ。 変に鈍ったりしないで 回しただけ上がる・下がる。 インターフェースは自分には使いにくいんだけど…

続きを読む

フリーズ

8.0.3で、はじめてトラブルらしいトラブル。 あるセッションを開こうとすると、 最初のリバーブのところで完全にフリーズ。 再現性あり。というか必ずそうなる。 プラグインはReVibe。 さて困った。で、多分これでいけるだろうと、 新規セッションにすべて読み込んでみると解決。 やはりどうしても開けないセッションは 新規セッションに読み込むのが一番。 新規セッションはその後順調に使えるが、 念のために元セッションを開こうとすると、やはりダメ。 元セッションにはなにか悪さをするデータがあるのでしょう。

続きを読む

8.0.1のその後

8.0.1、わりと安定しているが、 あれから2つほど… スタジオにあるG5に、 こちらから持ち込んだ起動ディスク (MacProで作ったAPMフォーマットの起動ディスク) でドラムダビング中にフリーズ。 イレギュラーな使い方なので何ともいえず。 もうひとつは あるセッションを開くと特定の一部のトラックだけレベルが変。 そのトラックに挟んであるバイパスにしてあるプラグインが 正しくバイパスになっていないよう。 そのプラグインをイナクティブにすると正しいレベルになるので 間違いないと思う。 プラグインをバイパスで放置しておかないで イナクティブにしておけば問題ないのでそのまま様子見。

続きを読む

プレビューの不具合・回避方法

先のブログの最後に書いた、 PT8以上でのプレビューの不具合の続編。 午前中にデジに電話してみて データーベースとキャッシュを捨ててもやはり駄目。 PTのリビジョンをあげてもOSのバージョンをあげても駄目。 そのまま作業再開。 夕方もう一度デジに報告ついでに電話してみる。 で、デジYさん(いつもお世話になってます)と話しながら… ひとつのヒントが。 うちではセッションを立ち上げない状態でのプレビューは駄目。 立ち上げた状態でなら問題無しということがわかった。 そうそう、最近はセッションは立ち上げずに プレビューすることが殆どだった。 バウンスし終わって、セッションをクローズして、 で、既に完成している曲と先ほどやっていた曲を比較プレビュー、 結果、PTが落ちる…という図式だ。 セッションを立ち上げたままなら大丈夫なので 以降これに注意しておけば大丈夫。 ちなみにYさんによると、 デジの検証マシンではセッションのオープンクローズに関わらず どの状態でもワークスペースプレビューに不具合は無いそうだ。 しかしお客さんの中には プロジェクトウインドーでのプレビューで落ちる方もいるとのこと。 ちなみにうちではプロジェクトウインドーでのプレビューは大丈夫。 どうもこのプレビュー関連の不具合は、 どの環境でも再現性のある不具合では無さそうだし、 環境によって発生の仕方が違うようだ。 故に多分バグフィックスはされないであろうとい…

続きを読む

DSPシャッフリング失敗?とAUXリターンでの位相

どうもミックス中@PT7.4.2で途中位相が変だと思ったら… プラグイン肥大によるDSPシャッフリングで 『DSPリソースが足りません』なるメッセージの後に 画面を見渡すも特にイナクティブになっているプラグインも無いので そのまま続行しようとすると音に違和感、 どうも、あるAUXフェーダーの位相が変になったようで イナクティブ・アクティブなどでも治らず、 AUXフェーダーを作り直しても駄目。 どうもシャッフリング後に内部ルーティングの位相が狂ったようで、 セーブしてMacごと再起動すると治った。 その後は問題無し。 DSPリソースが足りなくなって シャッフリングで本来何かのリソースを犠牲にしなければいけないのが 多分正しくされなかったことに寄る不具合のよう。 自分の使い方の問題といえばそう。 怪しいときは再起動すべきだろうね。 他にAUXレーテンシー補正の問題もあるので 今日からPT8に戻ろうか。 しかしワークスペースプレビューで落ちるので不便なのが面倒。 駄目元で一時的に8.0.1入れてみるか…で駄目なら素直に7.4.2で。

続きを読む

続・cs2

今日(昨日か…)一日、cs2でやってみた。 結構大丈夫そう。 一番の問題は症状現れず。突然落ちるのも一度だけ。 面白かったのは、 グラフィック関係の不具合も今日は何故か出なかった。 特にコメント欄に書き込もうとすると、 記述が見えなくなる不具合。 今日出なかったのはたまたまかも知れないが… やはり慣れてしまうと、 PT8から以前のバージョンには戻りたくは無くなってしまう。 編集関係は特にラクで。

続きを読む

cs2導入するも…

今日からPT8をcs2で使っているが、 やはりウチで起きている数々の問題は全く解決しない。 で、先程やっと気づいたのだが、 PT8から装備されたDSPキャッシュに問題がありそう。 ステレオオーディオトラックがいつの間にか 位相が変になったり 片chから全く違う他のトラックの音が出たり SOLOにすると片chから他の音が出たり…などなど。 で、いつもならセッションをロードし直すと解決したりするのだが、 今日は先程終盤はまったく解決せず、 再起動しようかと思ったが、 ふと気づいてDSPキャッシュを外したら解決した。 プラグインが変になるのもこれで解決するか? 後日、DSPキャッシュを常にオフにして またこれら症状が出るかやってみるしかない…

続きを読む

McDSPのv3.3

新しくなっていたので、インストール。 前々からの問題… http://qta-rec.at.webry.info/200806/article_5.html これは結局PCIeのアクセルコアカードの3番目のチップに McDSPとDUYのプラグインが乗らないという問題だったのだが、 デジに報告して随分と経っている。 これが解決したのか…と期待して インストールしてみたが、 解決してはいなかった。 残念。しかし、じゃぁ、これは、 プラグインの問題では無いのか?

続きを読む

続いてcs2

PT8のcs2、 さて、入れるべきか… いずれにしてもバギーな8なので、 どのバージョンにしておくかちょっと迷うところ。 安定度が上がるなら入れたい。 せめてcs1よりマシなら良いのだが。

続きを読む

結局8を

7.4.2に戻した…はずが、結局は8を使っている。 ちょっとしたコツを覚えたので、 インサートの問題をだましだまし回避出来るようになった。 とはいえもちろんバグは消えた訳ではない。 回避出来るように上手く使っているだけ。 他にもずっとセーブしないでいろいろ編集をしたり トラックを削除したりしていると、 レインボーカーソルで落ちることが多い。 なので、おかげでマメにセーブするクセがついた。 そういえば…QuickTimeを7.6にしたら 今までの7.5.xまででCore Audio経由で再生したい時に いちいちシステム環境設定のサウンドで 出力先を毎回再設定してあげないと デジハードウェアから再生出来ない…という問題が無くなった。 DUCをみてると7.6では他に問題があるようではあるが、 ウチでは確認出来ないので、 かえって7.6のほうが都合がいい。

続きを読む

こんどは…

たいして大きな問題ではないのだが、 どうも音が違うのに馴染めず。 とりあえず7.4.2である作業をしてから その後確認のために8で開こうとしたら、 今度は8で開けなくなった…というか 完全にフリーズする。 セッションが壊れたか、 新規セッションにインポートで解決。 いや、なんだかフリーズと戦っていた今日。

続きを読む

結局PT8.0→7.4.2に戻る。

ああ、やっぱり駄目ですね。 トラックのデュプリケートとかすると、 やっぱりインサートが変になる。 ステレオの左だけ音が出ないとか、 プラグインのコントロールが効いてないとか… 素直に7.4.2で続行します。 起動ディスクが複数あると助かる。

続きを読む

PT8.0cs1→8.0戻し

昨晩の途中から8.0cs1使ってるが、 いろいろやっていると安定度悪く、 今日は特にインサートがおかしい。 二番目のスロットのプラグインが音が出なくなったり、 ステレオトラックをモノに分割すると インサートされているプラグインが 見た目は大丈夫でも効かなくなっていたり… 調子良い時は調子いいし、 問題が出てもセッション中は再現性があるが、 セッションを閉じて再び開くと 再現性が無いのがまた問題。 まったく信用出来ないので先程8.0に戻した。 今、作業している感じでは以前の8.0並の安定度に戻ったかんじ。 これで同じく問題が出るようなら 7.4.2でやるか…

続きを読む

修理額

192 I/O修理額が決定。 4つのスロットは大丈夫で筐体側のデジタルボードがNG 修理額46,200円也。振り込み完了。 最近の修理はアッセンブリー交換しかないから どうしても高額になっちゃう。 とはいえ、以前あるマイクの某正規代理店で経験した たかがコンデンサ1個交換して修理額4万円台よりは 遙かに遙かに…マシ。 ここのところの一連の192関係の修理額が 合計で10万円を超えた…仕方ないね~

続きを読む

デジデザイン・サポートライン

というのかな?、所謂電話サポート。 例の192 I/O不調の件で今日電話してみたら… 『プロサポート以外は12月○○日から1月4日までお休み』 なるメッセージが。 もう今日は5日だよ、まだメッセージ更新してないのか…と 思いながらガイダンスを聞きつつ、 …あれ、『プロサポート以外は』だって!? ってことは、プロサポートは年中無休になったのか? そういえば、デジのホームページには この正月は年末年始休業の案内が出ていなかった気が。 だとしたら壊れた時に電話出来た? もしかしたら修理にも早く出せたかも。

続きを読む

故障

例年通り?正月も休み無く働いていますが… よりによってデジが休みのこの時期に 本日192 I/Oが故障しました。 ただし二台のうちの一台。 アウトボードのハードウェアインサート専用の。 録音中に音が途切れて… 最初はデジリンクケーブルかと思っていたら、 スワップしても直らず。 デジテストをかけるとループバックが通過しません。 電源を切って入れ直すと、 しばらくは何もなかったかのように使えているものの、 だんだんその間隔が短くなり…ついにNGとなりました。 仕方なくいろいろセッティング変更で先程復帰。 簡単にはいかず…ちょっと変更するのが面倒なんですよ。 すんません、今日の作業を終えました。 う~ん、半日ほどタイムロス。 デジも休み明けは来週だろうし。 戻すのは戻すので面倒だから来週現物修理に出しちゃって、 セッティングはしばらくこのままいくか… 明日からまた頑張ります。

続きを読む

調子悪かったなぁ~

昨晩、AutoTuneエディット中に落ちる。 同じところで落ちる… AutoTuneはひとつ前のリビジョンだったので 最新版にアップデートするもやはり駄目。 別問題もあったので 別のプラグインに切り替えて続行。 今日は新曲作業開始すると 突然二台目の192が変。 再起動してしばらくは大丈夫だけど、また突然変に… 仕方なく新規セッションに問題の曲をインポート。 でもやはり駄目。 昨日のAutoTuneで落ちまくったせいで 初期設定ファイルが駄目のか、 それとも新曲のセッションに問題があるのか、 はたまた別の問題かなんだかわからないので、 PTのcsアップデートをインストール、 ついでにPT関連の初期設定をごみ箱へ。 結果やっとまともに動いた。 さぁ~て、どれが問題だったのでしょう???

続きを読む

LIMITER

前回もそうだったんだけど、 いろいろやって行き着くプラグインが デジ純正のLimiterだとは… それももう既に前世代のdynamics II 高いものが良い訳ではないという好例か。 気になっているのは…PT8になると dynamics IIは無くなってしまうのではないかという予感。 そうだったら自分的には困るなぁ。 あの単純なリミッティングが良いんだけど。

続きを読む

備忘録がわり・DAカード交換

某事務所スタジオ、 来週192DAカード交換予定。 交換カードは月曜日到着予定。 交換日は追って打ち合わせ。 手順:交換・動作チェック・レベル調整・ランニングテスト 所要時間・半日ほどを予定。 ---------------------- 偶然にも我が家と同じタイミングでDAカードの故障発見。 アウトプット7chのレベルが下がる症状。 ここもウチと同じでProTools HD登場初期に導入。 そう考えると…そろそろ ProTools HDを初期に買ったひとに共通する、 DAカードが一部故障するタイミングなのかも知れませんね。

続きを読む

見積り修理・その後

ところで例のレベルが下がるDAカードの 見積り修理額が出ました。 21,000円也 修理内容にもよるけど 今回は前回の交換修理の半額強。 基板が燃えてしまったとかで無い限り、 やはり見積り修理のほうがいい。 基板が燃えてしまっていると全交換になってしまうので 結局修理上限として交換修理と同額になるそうです。 192が二台以上で ADとDA両方のエクスパンジョンカードを持っている人は まる意味ではスペアがあったりするようなモノなので 常にフルに入出力を使っているわけでなければ 見積り修理がおすすめです。 前回のDAカードも見積り修理にしていれば 最初の修理費でほぼ二枚分の修理が出来たな…

続きを読む

続・分解

また分解です。 『レベルが下がる』症状が出ました。 原因は元の筐体のDAカードでした。 一番最初に換えてもらったADカードは結局問題ナシ。 192I/Oのメーターで判断して…でしたが、 どうも192I/Oのメーターは AD後・DA前…のデジタル上のレベルを表示しているようです。 なのでDAカードのアナログ部分に問題があっても メーターには影響が無いようです。 故に、192I/Oの本体メーターが、あんなメーターのわりには 『妙にヘッドルーム0dBやクリップを正確に表示するな…』 と思っていたのも納得です。 逆にPTソフトウェアのメーターはクリップに関しては正確ではありません。 ちょくちょくクリップを表示しません。 ソフトのメーターでクリップしていなくても 192I/Oのメーターではクリップしていることも多々あります。 みなさんも『クリップ』に関してはソフトのメーターは 信用しないほうが良いです。 ちなみにADカードの次に換えてもらった 先日のDAカード交換の件は別の筐体のDAカード。 接続先によってはLoが抜ける症状でしたので 今回の件とは全く関係ない故障です。 いずれにしても故障・故障。DAカードばかり。 DAカードは手持ちにスペアがあるため 今回はいつもの交換修理ではなく現品を見積り修理に出します。 症状内容的には技術料以外は安く上がる可能性が非常に高いですが、 さてどうなるでしょう?

続きを読む