10年、そして11年

昨年、デビュー作から担当していたピアノジャックがCDデビュー10周年を迎えました。で、今日1/23に11年目の最新アルバムとなるJAPANESQUEが発売。 一つのアーティスト、歌手、ミュージシャンなどが10年やるというのはとても大変なことだと思いますが、それを迎えられた彼らは随分努力したと思います。何はともあれおめでとう! ジャパネスク (初回限定盤)SPACE SHOWER MUSIC 2019-01-23 →Pia-no-jaC← Amazonアソシエイト

続きを読む

Waves NX

とある事情でWaves NXというプラグインを買ってみました。いわゆるヘッドフォン環境でのバーチャルサラウンドを実現するためのものです。 正直、過去の経験からこういったものに期待はしていません。随分以前にFLUXのIrcam HEarという、今回のWaves NXと同じようなものを購入して使ってみましたが、ヘッドフォンによるバーチャルサラウンド環境で最初からミックスをやるのは無理でした。Ircam HEarは特にスピーカー風に聞かせるための周波数特性や部屋を感じるための後付けの残響がどうにも邪魔で、ミックスするには程遠いものです(一応残響をゼロにすることも出来ますが、周波数特性はどうにも使いづらい感じです)。そのほかに確かBeyerで配布していた同じようなプラグインもありましたが、これも音の傾向は違うもののやっている手法は同じなのでやはりダメでした。 今回、とある必要性に駆られてNXプラグインを買いました。まず購入前にデモ版でいろいろチェックしてみましたが、インイヤーモニターはどれもこういうものには向いてませんでした。広がり感が希薄すぎて音質も好みではありません。通常のオーバーヘッドタイプのヘッドフォンが良いようで、うちではMDR-CD900STが一番相性が良かったです。多分クリアな音質のものでかつ低域も判別がしやすいもの、いわゆるドンシャリ傾向のもののほうが良いと感じました。この段階でNXを購入して、MDR-CD900STを基準にいろいろ試行錯誤してみました。 まずは頭囲と後頭…

続きを読む

EchoFarm

忙しくさせて頂いてます。 最近は録音、ミックスともに加工具合がどんどん減ってます。 作り込む良さもあるのですが、原理主義というか、極力元音の良さを活かすことに主眼がいってます。エンジニアとしては当然なのかもしれませんが。ただ、メディアにのせる時はある程度加工が必要で、その辺のバランスが難しいなとつくづく思います。 プラグインも純正プラスアルファくらいで充分な…純正プラグインも随分と良くなったということもありますね。しかし、欲を言えばコンソールライクなサウンドのするDSPで動くEQが欲しいです。 そんな中、EchoFarmがAAXになって帰って来るらしいです。しかしちょっと遅すぎるかなとも。純正でもっと良いディレイプラグインも出ちゃいましたし。さて、EchoFarmのAAXは今使うとどんな印象なのでしょうね。登場したらあらためて試してみます。

続きを読む

またまた空いてしまいました

気がつけば3ヶ月ほど空いてしまいましたが、 アルバム、コンピレーション、アイドル、 ドラマBGMなどのレコーディング、 またその他マスタリングなど色々やってました。 そうこうしているうちに、 気がつけば体重は元どおり。 むしろ入院前より1キロ増えたかも。 普通に食べられるのは楽しいですが、 増えすぎないようにきをつけないと。 ところで今年から、冊子、ネットとも ミュージックマンに個人情報を掲載するのを止めました。 自分がスタジオなどの情報を得るときに あそこの情報を使うことがほぼ無くなったことに気がついたから。 スタジオ名などで直接検索したほうが 欲しい情報にたどり着きます。 特に冊子を見ることは皆無で… そういう意味で、ひとつの時代が終わったのでは?という、 自分なりの回答です。 なので、これからも自分は ネット上で探せる人には変わりないという、 エンジニアという仕事人としては何の変化もありません。 FBは限定された世界として。 Twitterは最近あまり使いませんが継続。 ブログは最低1ヶ月に一回は書かないとね。

続きを読む

体重などなど

おっと気がつけば三月も終わろうと… 年末~年明けに虫垂炎で入院し、 絶食~流動食の期間が長かったことで 採取的に体重は5kg落ち… もともとそんなに体重は無かったので このくらいの筋肉の落ちようでも ずっと座っているとお尻が痛くなるくらいでしたが 一ヶ月くらいっですっかりお尻も痛くなくなり そこそこ体重が戻ったのかと思ったら、 測って驚き全然体重が戻りません。 その後食事もずいぶんと取れるようになり いいかげんもう体重も戻ったのでは?と思って 再度測ってみてもやはり戻ってません。 このまま体重は戻らないのかも? それにしても相変わらず忙しいですが嬉しいことです。 いろんな人に助けられています。 そんな人たちに仕事で恩返しができるように頑張ります。 こまごまとやりたいこともいっぱいあって、 合間合間でできるだけ実現していきたいです。

続きを読む

続・初の…

虫垂炎からの退院ののち、 カラダもだんだん仕事に慣れてきた頃に 今度はインフルエンザになってしまいました。 しかもインフルエンザも初めてで… しかし、フリーランス、休んでも入られず。 スタジオに行って他の人と接触することはできないので そういう仕事はクライアントさんとご相談の上 延期させていただき、 自宅でできる仕事はそのまま続行という流れに。 それにしてもインフルエンザというのは こんなにも頭痛がひどいとは。 もう病気はこりごりです。

続きを読む

初の…

年末年始はPJ忘年会ライブを観にいき、会計入力を全て終わらせ仕事に臨むはずでしたが…人生初の入院をしてしまいました。 入院をすることどういうことかとか、手術がどうなるとか、etc、肉親の入院・手術は何度も体験してますが、自分のことは初めてなのでなにからなにまで訳が分からず。初期診療の対応でこんなにも状況が変わってしまうことや、回復することの大変さなどなど。いろいろ勉強になりました。 とはいえしかし、フリーランス。勉強するには代償が大きすぎます。自分のケースなら本来2週間もあれば退院できたはずですが、3週間半もかかってしまいました。しかもまだ身体は結構ダメージが。 実は自分のことではないものの、秋にも思うところがあったのですが、今回も本当にいろいろ考えさせられました。医療って本当にこんな状態でいいのかな?、現場を見るにつけ人手不足が深刻なのだろうとは思いますが。

続きを読む

秋~冬恒例の

昨年もそうだったんですが、 秋~冬の仕事で腰を痛めてしまいました。 この時期の仕事、 作業上の理由でどうしても運動不足に。 昨年は早々にかなりひどくやってしまい、 今年は同じことを繰り返さないようかなり注意していましたが、 ここまでなんとか大丈夫…という最後の最後に 油断からか?、やってしまいました。 幸いにも早いうちに対策をして 徐々に快方に向かっていますが、 やはり辛いものは辛い。 寒いので辛さが倍増ですが それでも今年は例年と比べると寒くないようなので 多少はマシなのかもしれません。 まだ仕事は続きますので このあともなんとか乗り切っていきます。 さて、PTをぼちぼち12.3に入れ替えますか! あ、今日はファイルを納品しないと…

続きを読む

山越え

ふた山くらい越えました。 秋はいつもそんなかんじです。 で、この秋はもう一山。 しばしハイレゾからは遠ざかります。 ところで… AESショーではPT12.3の発表がありました。 待望のフリーズトラック機能搭載のようです。 待ち望んだ機能ではありますが、 自分が思ったよりも大幅に便利そう。 今回のUPDでステムバウンスもより便利になりそうで。 他にもバッチフェードもかなりGood。 そろそろUPDを考えていい内容になってきました。 ただ、いまUPDしていきなり本番を迎えるのも… 問題なく動けばかなり作業効率も良さそうで、 どうしようか思案中です。

続きを読む

出ました

PT11ユーザー向けのPT11.3.2。 出ました。 これが普通ですよね。 早速使ってます。 さて、今後はどうなるでしょう。 見守るしかありません。 ここのところ4時とか5時とかに起きて 作業してますが、 この週末からもっとキツくなります。

続きを読む

規格

にわかにハイレゾ…な時代になってきたので 新しい規格が登場してきたり いろいろと発展途上な時期になってきた気が。 音声も映像もまだ途上な時期と思われ、 今あるものはニワカ規格的な匂いも感じ、 さて、これはいつ落ち着くのか、 いや、このまま落ち着かずにどんどん新しくなっていくのか、 全く先が見えませんが、 フレキシブルさを考えると配信が最もユーザーフレンドリー、 しかし著作権保護を考えるとやっぱりなんらかのメディア、 このへんの落とし所が難しそうですね。 音の側面から見ると、 個人的にはPCオーディオ的な再生方法のほうが扱いやすいし、 フォーマットの発展時にも簡単に対応できて、 規格が新しくなるたびに プレーヤーを買い換える必要がなくて好きですが。 (もちろんPCオーディオでも その時はDAコンバーター買い替えたりとなりますが) そんなようなことをふと考えたりするような仕事が 去年あたりから俄然増えてきてます。

続きを読む

プレイバック

行き先の違う、しかし音の中身は同じ音源マスターを作成中。 中身は一緒なので 片方プレイバックすればいいっちゃいいんだけど、 やはり両方ともプレイバック。 時間がもったい無いけど、 トラブったら大変なのでその時間は惜しまないように。 でもこのプレイバック時間の間に、 マスターに添付する書類を作成できるようにしたい。 今は書類はBootcampのWinで作成、 プレイバックは同じMacのOSXなので、 同時に作成出来無い。 …あ、Win側でプレイバックしながらやればよかったのか…刻既に遅し。 もう半分まで来てる。 今度試しにそういう設定にしてみよう。

続きを読む

5月

ギリギリで5月になってしまいました。 ちょっと締め切りに追われています。 相変わらずPT11で録音してて いままで結構調子良かったんですが、 久々に今日のダビングの時に 例の遅延補正の変な症状が出てしまいました。 過去の時と同じく、 RecReadyを一度切って入れ直せば 症状は消えるのですが、 過去の例ではそのまま使っても多分また症状が出るので 起動ディスクを切り替えてその後はPT10で録音しました。 結局ダメなようですね… うーん、残念。PT11って結局ちゃんと録音できないのね。 もうPT12が出てるんですけど…

続きを読む

年が明けました

なんとも相当な放置でして、 年が明けてしまいました。 FBやらTwitterやらがあるので、 アドレスをご存知の方は そちらも覗いてみてくださいね。 Twitter Widgetはこのブログにも貼ってあります。 放置していた間に、 いろいろ仕事をしたり、新しいことを始めたりなどなど。 夏から初冬にかけては編集~ミックスがありすぎて あまりの運動不足で12月に座骨神経痛が出ました。 もともと30歳くらいからちょこちょこなってましたが、 こんな酷いのははじめてでした。 朝起きるのにも悶絶。 30分くらい格闘ののちに やっと立ち上がれるという情けなさ。 立ち上がってしまうとなんとかなるんですが、 翌日のことを考えると夜寝るのが怖い… そんなのが一週間くらい続き、 徐々に回復させるべく無理して歩いたり ふくらはぎを伸ばしたりなど、 で、今は座骨神経痛から徐々に脱却中で、 普通の生活ができてます。 腰も怖いけど、座骨神経痛も侮れませんね。

続きを読む

台車

仕事で機材を運ぶときに使っている台車。 現在まで使っていたのは二世代目だったのですが、 ついにタイヤがモゲました。 実はタイヤだけは初代の台車のタイヤを 二代目にスワップしたものだったので、 タイヤはかれこれ15年以上使っていたものでした。 騒音が出にくいゴム製だったので重宝していましたが、 経年変化と無理な使い方でついに… 今日は以前からストックしてあった 三世代目の台車で仕事に行ってみましたが、 タイヤは硬いプラスチック製なのか、 これがうるさいことうるさいこと。 深夜の帰宅時には使えません。 何とかしなければ… しかし二ヶ月ぶりのブログのネタが台車では…(汗) 今日行ったスタジオもそうですが、 だんだんとスタジオもHDXになってきました。 今年はいろいろとスタジオも動きがありそうですね。 HDXユーザーとしては嬉しい限りです。

続きを読む

あ、8月だ!

なんだか月イチペースな… 暑い夏です。湿度が凄いです。 湿度で物が傷んだり壊れたり。 一昨日まで大丈夫だったHAのゲインのつまみが ガリを出すようになりました。 歌を録るときに頻繁に動かすここに ガリが出てしまっては致命傷。 今日はアウトプットで逃げましたが、 ホントはゲインのほうを動かしたい。 修理に出さねば。 車に積みっぱなしなのも考えものです。 夏はやはり面倒でも帰宅後は 一旦自宅に入れなければいけませんね。 そんな8月後半の追い込みを乗り切ると、 今度はPJワークに戻ります。 さてどんな曲がやって来るのか? それと野音…楽しみです!!

続きを読む

完走

昨年末、デモから関わってきた… 某作品の作業が今日で完全終了。 この手の仕事はめぐり合わせで 一時期全然やらなくなったんだが、 またこのところ関わることが多くなり… 不思議なものです。 明日は通しでみれるので楽しみだな。

続きを読む

第27回ゴールドディスク大賞CLASSIC ALBUM OF THE YEAR受賞

昨年の夏に発売されました、 →Pia-no-jaC←×葉加瀬太郎の アルバム『BATTLE NOTES 』、 ピアノジャックのトラックの録音と すべての曲のミックスを担当させていただきましたが、 このアルバムが 第27回 ゴールドディスク大賞の CLASSIC ALBUM OF THE YEARを受賞しました! http://www.golddisc.jp/award/27/Prize_1.html#gd27_13 まだ聞いてない方も、是非聞いてくださいね!

続きを読む

想い

普通は守秘義務というやつで 進行中のレコーディングのことは書けないのだが、 今回のレコーディングは特別。 それはオープンな企画だから。 そんな面白い企画にエンジニアとして参加した。 ファイナルファンタジーが25周年を迎えるにあたり、 FFが好きなミュージシャンが、 プロ・アマ問わず集まって プレリュードをレコーディングするという企画。 当日までの正直な気持ちとしては ドキドキだったわけで。 一体どんな人達が集まるのだろうと。 そして迎えた当日、 最初に録音するストリングスセクションの音を聞いて、 ドキドキはワクワクに変わったわけで。 その後も次々に来るミュージシャン、その出音には、 ファイナルファンタジーが好きな皆さんの想いがあって。 こんなレコーディングは今まで無かったかも。 みんなの、ちょっとドキドキしながら、 でも終わった時のとても嬉しそうな・楽しかった顔も忘れられない。 基本の編成はいわゆるオケの構成に加え、 学校で習う楽器有り、和楽器もあり、不思議で面白い楽器あり… バンドのような音楽でなくても こんなパッションがあるんだなと。 そんなレコーディングでした。

続きを読む

再会

本日、楽しみにしていた懐かしすぎる再会! しかもうまい! 良い経験をして来ているんでしょうね。 経験とはまさにこういうことなのでしょう。 ずっとエンジニアを続けてきて良かった… と思う瞬間のひとつです。 休憩中にいろいろお話をしました。 みなさんいろいろ…懐かしいです。 また来週お会い出来ます。 今度も録音でしっかりと受けとめますよ。

続きを読む

コラボレーション

4時間半かかる書き出しの最中で 何も作業ができないのでブログでも… 昨日発売になった →Pia-no-jaC←×葉加瀬太郎『BATTLE NOTES』 →Pia-no-jaC←も コラボレーションアルバムは幾つかやって来たが、 打ち込みとのコラボレーションだったり、 コンピレーションへの参加だと ロック寄りのサウンドだったりが多かったけど、 今回はクラシックフィールドをメインでやっている方と クラシック曲をやるコラボレーション。 しかも過去にいろんな音楽をやってきた 経験豊富な方。 PJの二人も、とても良い経験になったと思う。 もちろん自分も色々勉強させていただいた。 そんなレコーディング現場は 緊張感がありつつも笑いの絶えない、 とても良い現場だった… そんな雰囲気を サウンドからも感じてもらえればと思います…

続きを読む

線路沿いの緑色のスタジオ

いつもの線路沿いの緑色のスタジオ。 あ、自分の古巣の緑色のスタジオのほうでは ありません。 ここは以前は3つ箱があったが今は2つ。 10年くらい前はかなりお世話になりました。 今日は超久しぶりに その頃よくついてくれたAくんがアシに。 外見が変わっていて気づかなかった…ごめんね。 ここ、6月いっぱいで名前が変わってしまう。 変わってしまうと、諸事情により 多分使う(使える)機会がなくなってしまいそうだ。 記念に写真を幾つか撮ってきた。 EモジュールとGモジュールが共存しているこの卓とも もしかしたらお別れかも。 最後(かも?)にピアノも録りたかったなぁ…

続きを読む

ひと区切り

今日でやっとひと区切り… しばらくは遅いゴールデンウィーク。 前々からちょっと調べたいというか、 試してみたいことがあったのだが、 それがやっと出来るので、 一応デモ機借りてみるかな。 この時期は毎年そんなことをやっている気がする。 あともうひとつ、今も持っている機材で 追加で導入したいのがあるのだが、 ちょっと前までは簡単に見つかったんだけど、 ここ最近はとんと見当たらない。 いつのまにか局所的に人気が出たのだろうか、 いや、出尽くしただけなのかな? 最近の傾向だとコイツが何台あっても困らないようなので 出たらすぐに押さえないと…と思って何ヶ月経つのか。 何とかしたいものだ。

続きを読む

良いって?

ここに来たのは実は多分10数年ぶり。 そして、むかしはNEVE苦手だった。 というか、SSLのGに慣れきっていた。 主に使い勝手。 卓、コンソール、ミキサー、 いろいろな呼び名はあれど… そもそもは自分、 学校ではQuadEightヴェンチュラで勉強スタート、 二年生からコロナドで育つ。 最初にプロの現場に入った時はMCIのJH500シリーズ(だっけ?)、 ちゃんと就職したら何故かQuadEightコロナドに逆戻り。 その後スタジオ改装でAMEKのAPC-1000に進化(?) こいつにはとても泣かされたなぁ。 改装後テストランも終え、初日のセッションなんて、 ミックスなのにGML MFAがまともに動かなかった。 APC-1000… 今ではそんなに珍しくない ルーティングやステータス関係の センターセクションでの集中管理だが、 その操作のためにチェンネルセレクトすると 『ヒン!』というノイズが本線に入る。 データバスからのオーディオラインへのクロストークのせい。 音はどうかっていうと、悪くないと思う。多分。 今では記憶でしか無いので、なんとも言えない。 まだ自分がちゃんとしてなかったし。 末期の頃にはセンターセクションのICを換えて 勝手(実はね…w)にモディファイとかしてたな… コロナドは4Fのスタジオに移設して、 そのまま使っていたけど、 その後、SSLのGにして随分楽になった。 SSL慣れしていったのは…

続きを読む

動作が…

PTHD9だと、 セッションの規模がある大きさを超えると 動作がとても重くなるので、 今やっているセッションはPTHD10でやっている。 3時間を超えるセッションなので、 とてもPTHD9では その動作の重さに自分が耐えられない。 PTHD10には まだ見過ごせない(致命的な)バグがあるが ディスクキャッシュの効果もあり、 動作が軽いのだ。 バグに関しては、 セッションをロードしなおせば逃げることが出来る。 その時間を差し引いても 遥かにPTHD10のほうが作業は楽。 ところが…このセッション、 そのPTHD10でも動作が重くなってきてしまった。 そのくらい今回、エディット量がものすごい。 訳あってちょっと緻密なことをやっている。 エディットも残すところあと5曲。 だが、残りの5曲がまたヘビーだ。 それが終わればミックスに突入。 多分このエディットをやっておけば ミックスが楽なはず…

続きを読む

年内は…

年内のスタジオ作業は終わりました。 あとは宿題・複数アリです。 〆切のある方からの作業になってしまいますが、 頑張ります。 来年はいい年になりますように。 そういえば、昨日のスタジオに行く直前、 自宅の起動ディスクが飛びました。 複数の起動ディスクのうち、 メインで使っている方。 ディスクユーティリティーで、 ファイルはすぐに復旧したものの、 ブート領域がダメなのか? 結局そこから起動は出来なく…仕方なく、 スタジオから帰って来てからじっくり復旧作業。 もったいない時間のロスでした。 その時間で一曲エディット出来たはず。

続きを読む

チューニング

カホンという楽器を集中的に録るようになって、 いつも難しいなと思っていることがある。 それはチューニングが出来ないこと。 響き線のチューニングのことではなく、 箱のサイズや打面などの材質などに起因する基音のこと。 ピアノとカホンという2ピースのユニットなので 曲のキーやレンジに対して、 カホンのボトム音(=ほぼ基音?)の位置関係が 非常に重要になってくる。 もちろん打位置を変えれば音程は変わるが、 カホン自体が持っている基音は変わらない。 それを変えるにはカホン自体を変えるしか無い。 その日用意しているカホンが それに合わなければ 理想に一番近いものを選ぶしか無いわけだ。 基音が合うからといって、 スネア音が理想とハマるかというと、 そうでもない。 全てはトータルバランスだから、 曲全体でいちばんハマるカホンを選ぶわけだ。 このへんが、打楽器の集合体であるドラムキットとの最大の違い。 カホンはまだ発展途上の楽器だそうだが、 この基音のチューニングが 出来るようなカホンができたら凄いなと思うが、 革でなく板を叩くという構造上、 やっぱり無理なのかな?

続きを読む

ProTools HDXについて考えてみた。

ちょっと仕事が待ち体制になり、 今日は排水管清掃のため それが終わるまでは仕事もできないので… 録画してあったF1のビデオでも見ながら、 先日発表になったProTools HDXについて考えてみることに。 現行(?)のProTools HDシリーズが出たのが たしか2002年の年明け。 今は2011年の終わり近くなので それからほぼ10年経ったわけで、 時期的には出てもおかしくない頃だったこともあり、 そういう意味での驚きは無く… それよりも驚いたのは、 コアシステムとしての新しいハードが出るなら、 よりハイスペックなDSDにネイティブ対応するか(技術的には未だ無理だが)、 またはよりハイサンプリングに対応するのでは…と思っていたので、 ファイルとして32bit浮動小数点、 ミキシングエンジンとして64bit浮動小数点に対応したのが 今回の自分的な驚きのポイント。 それはすなわち、ある意味での互換性を犠牲にすることだったので。 簡単に言うと、互換性を犠牲にしたハードやエンジンの刷新。 ファイル的には、下位バージョンで書きだせば互換性はあるので、 HDXを買ってしまっても、 物事のすべてをまっさらにHDXを中心に考えれば問題は無いだろう。 だけど、今までのミックスしたセッションファイルや、 膨大なプラグインという資産を中心に考えると、 HDXに『買い換える』場合、失うものもあるのも事実。 これはProToolsが…

続きを読む

バージョン

昔はメモも取らず、 なんでも頭に叩き込むのが カッコイイと思ってやってきたが、 何年前からだろうか、 多分もう10年、いや15年くらい前から 出来るだけメモを取ることにしてる。 メモだけで補えない場合、 写真をとったりもする。 ここ数年はだいぶ資料もたまって… それを見直したりすると、 あれは良かったとか、あれはいまいちだったとか、 かなり参考になる。 三歩進んで二歩下がることもある。 バージョン0(ゼロ)、 バージョン1を経て、 今バージョン2か。 次はバージョン3に辿りつけるか。 ちょっとヒントが見えたかな。

続きを読む

サーバー引越し完了

今まで使っていたXREAサーバーの不調が あまりにも続いたので、 裏でサーバーの引越し作業をやっていましたが、 (といってもXREA内でのサーバーの移動) テスト期間も終えて、 先ほど引越しが正式に終了。 ドメインは変わりませんので アクセスは今まで通りです。 マシンスペックも良さそうだし、 一番障害の少ないサーバーを選んだので しばらく(数年?)は大丈夫でしょう。

続きを読む