Waves NX

とある事情でWaves NXというプラグインを買ってみました。いわゆるヘッドフォン環境でのバーチャルサラウンドを実現するためのものです。

正直、過去の経験からこういったものに期待はしていません。随分以前にFLUXのIrcam HEarという、今回のWaves NXと同じようなものを購入して使ってみましたが、ヘッドフォンによるバーチャルサラウンド環境で最初からミックスをやるのは無理でした。Ircam HEarは特にスピーカー風に聞かせるための周波数特性や部屋を感じるための後付けの残響がどうにも邪魔で、ミックスするには程遠いものです(一応残響をゼロにすることも出来ますが、周波数特性はどうにも使いづらい感じです)。そのほかに確かBeyerで配布していた同じようなプラグインもありましたが、これも音の傾向は違うもののやっている手法は同じなのでやはりダメでした。

今回、とある必要性に駆られてNXプラグインを買いました。まず購入前にデモ版でいろいろチェックしてみましたが、インイヤーモニターはどれもこういうものには向いてませんでした。広がり感が希薄すぎて音質も好みではありません。通常のオーバーヘッドタイプのヘッドフォンが良いようで、うちではMDR-CD900STが一番相性が良かったです。多分クリアな音質のものでかつ低域も判別がしやすいもの、いわゆるドンシャリ傾向のもののほうが良いと感じました。この段階でNXを購入して、MDR-CD900STを基準にいろいろ試行錯誤してみました。

まずは頭囲と後頭部経由の両耳の距離を測り、NXのパラメーターに入力しヘッドフォンで聞いてみます。

デフォルトではやはり人工的な残響が付加され、音作りからこれを使うのは???という感じですが、残響のパラメータをゼロにすればIrcam HEarと比べると随分マシです。

周波数特性はEQで精密に音を作るのにはちょっと難しいかも?と思いますが、それでもIrcam HEarと比べれば随分と良く、元音を活かし混ぜるということに特化する分には割とやりやすいイメージはあります。ただリアの定位はこの手の物に共通しているのか、やはりわかりづらいです。広がりも足りないです(オープンエアのヘッドフォンを使うともっとわかりやすいとの情報もあります)。とある音をソロでリアなどにポッと置いて聞く分には、ああ、頭部の後ろのここにあるな…とわかるのですが、いろんな音が混じった状態でどうなっているのかをクリアに判別するのは、広がり感が弱いこともあって難しいです。

あと前方もLCR三点ジャスト以外の中間定位(例えばLとCの間とか)は音質というか周波数特性に癖があります。この中間定位は頭囲と後頭部経由の両耳の距離をミリ単位で微妙に調整することで一番違和感が少ないところを探せましたが、それでも無くすことは出来なく、多分原理的にも仕方ないのでしょう…と推測します。

一番の問題点はLFEで、映画などのようなLFEを+10dBに設定するようなものは、このプラグインではそれに対応するように調整できないのか?(調べたのですがわかりませんでした)、どうにもLFEをスピーカーの時と同じような感覚で送り込みの調整することが出来ず、随分とレベルが足らなく感じてしまいます。

そこで試しにNXの手前にWavesのM360のようなサラウンドマネージャープラグインをインサートして、そこでLFEを+10dBゲインしてあげてから使ってみると、やっとスピーカーで調整した時と同じ感覚でレベルが組めるようになりました。しかしそうなるとこのプラグインの手前でLFEのレベルがかなりブッチギリます。なので手前で全体のレベルを下げてあげたりなどして工夫してあげなければいけなく、ちょっと手間がかかります。スピーカーと比べるときもこうなっているといちいち切り替えしなくてはいけないので面倒ですね。

と、いろいろイマイチな点を書きましたが、この辺がわかった上で使うとまぁ使えなくは無いツールだなと感じます。特に部屋の特性で低域が変に左右されないので、とある側面ではLFEの送り込み具合がわかりやすいと思う瞬間もあります。特に音数の多いときは検聴的に使っても良さそうです。

あと、アップミックスプラグインの音の傾向がわかりやすい時があります。あえて名前は書きませんが「このプラグインはもしかしてイマイチかも…」とか思うものもありました。今後はそういうプラグインの使用を避けるようになりそうな気がします。

こういった点から見てサブモニターのように補助的に使うには良いような気がしていますので、今後も是非改良してより使えるツールになって欲しいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック