EchoFarm

忙しくさせて頂いてます。

最近は録音、ミックスともに加工具合がどんどん減ってます。

作り込む良さもあるのですが、原理主義というか、極力元音の良さを活かすことに主眼がいってます。エンジニアとしては当然なのかもしれませんが。ただ、メディアにのせる時はある程度加工が必要で、その辺のバランスが難しいなとつくづく思います。

プラグインも純正プラスアルファくらいで充分な…純正プラグインも随分と良くなったということもありますね。しかし、欲を言えばコンソールライクなサウンドのするDSPで動くEQが欲しいです。

そんな中、EchoFarmがAAXになって帰って来るらしいです。しかしちょっと遅すぎるかなとも。純正でもっと良いディレイプラグインも出ちゃいましたし。さて、EchoFarmのAAXは今使うとどんな印象なのでしょうね。登場したらあらためて試してみます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック