ReLab LX480 Complete

スタジオでのレコーダーがProToolsに移行した頃、
みんなPlugIn Reverbとハードウェアリバーブとの違いに
悩んだもんですが、今ではそんな話も昔話です。

とはいっても、
スタジオ録音でLexicon480Lを使ってモニターしてて
データを持ち帰ってProToolsで作業していると
やっぱりリバーブの差を感じます。

そんなある時LX480というプラグインを見つけました。
こいつがかなり良くできててかなり480な感じ。

しかしProToolsが11になり、
LX480はAAX64に対応するアナウンスはされていたけど、
待てども待てども音沙汰はなく、
すっかり忘れていた今日この頃…突然出たらしいAAX対応版。


http://www.relab.dk/lx480_complete.html

よし、早速今預かっているデータのミックスで使ってみよう!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • Q太パイセン!

    O迫っす!Q太パイセン!
    ReLab LX480 Complete、使ってみましたw
    なんかもうQ太パイセンぐらい懐かしい感じで、
    すげー良かったっすw(まだ買ってないですけど^^;)
    取り急ぎ(急いで無いですけど)、
    ご挨拶まで!!
    元気でやってますか?
    こちらはなんとか生きてます(笑)
    2018年02月06日 23:29
  • Q太

    おや!、久しぶり!、元気でやってるよ、LXいいでしょ?、でもDSPじゃないんで最近使ってない…というか、録りから作り込んで行っちゃうんでNativeのリバーブは使う機会を逸してしまうのが残念というか、でもいいリバーブです。O迫はFBにいる?、FBにも居るんで探してみてね。
    2018年02月07日 00:31

この記事へのトラックバック